起母(きぼ)

起母は、音節の始まり方を表す。計16起母である。

起母はピンインの声母とほぼ同じである。主な違いは、ピンインにある舌面音 j、q、x 、巻舌音 zh、ch、sh、r を除外している点である。これらは次節「承母」で扱う。

起母表
 口破気破鼻破無破
口唇bpmf
舌尖dtnl
舌端zc(nz)s
舌根gk(ng)h
声門-   

起母は、弱い声門閉鎖音という例外的なゼロ起母を除き、基本的に4種類の調音部位と4種類の調音方法の組み合わせで分類できる。

調音部位は発生の際に狭める口の部位である。規則性を強めるため、音声学の調音部位よりも粗い区分にしている。

  • 口唇(こうしん): 口唇を使う音。音声学の分類では両唇音と唇歯音。
  • 舌根(ぜっこん): 舌根を使う音。音声学の分類では軟口蓋音。
  • 舌尖(ぜっせん): 舌尖を使う音。音声学の分類では歯茎音の破裂音と鼻音と側面音。
  • 舌端(ぜったん): 舌端を使う音。音声学の分類では歯茎音の摩擦音と摩擦音。
  • 声門(せいもん): 声門を使う音。音声学の分類では声門音。

調音方法は口の狭め方である。音声学と違って、破裂の仕方のみで分類する。

  • 口破(こうは): 口腔のみ破裂する破裂音。音声学の分類では無気破裂音と無気破擦音。
  • 気破(き は): 口破に気音が伴う破裂音。音声学の分類では有気破裂音と有気破擦音。
  • 鼻破(び は): 口破に鼻音が伴う破裂音。音声学の分類では鼻音。
  • 無破(む は): 破裂が伴わない非破裂音。音声学の分類では摩擦音と接近音。

実際の発音では、舌端鼻音が無く、代わりにゼロ起母が加わって4×4=16起母となる。

  • 舌端鼻破 nz は昔、七音の半歯音、三十六字母の日母として存在し、歯茎硬口蓋摩擦鼻音$$\textctn\!\textctz$$の音価と推定されている*1。今は完全に消えている。
  • 舌根鼻破 ng も起母としての音価が消滅しており、今や感動詞に特殊な音節 ng(嗯)が残るのみである。このため、ng を除外する場合は15起母になる。
起母の音価表
起母音韻特徴音価音声特徴
調音
部位
調音
方法
調音部位破裂気音鼻音狭め
b口唇口破$$b$$/$$p$$下唇上唇破裂   
p気破$$\ph$$気音
m鼻破$$m$$ 鼻音
f無破$$f$$下歯  摩擦
d舌尖口破$$d$$/$$t$$舌尖歯茎破裂   
t気破$$\th$$気音
n鼻破$$n$$ 鼻音
l無破$$l$$舌尖側面  接近
z舌端口破$$\z$$/$$\c$$舌端破裂  摩擦
c気破$$\ch$$気音
(zn)鼻破$$\textctn\!\textctz$$ 鼻音
s無破$$s$$   
g舌根口破$$g$$/$$k$$後舌軟口蓋破裂   
k気破$$\kh$$気音
(ng)鼻破$$N$$ 鼻音
h無破$$h$$  摩擦
-声門口破$$P$$声門破裂   

承母(しょうぼ)

承母は、起母の特徴を引き継ぎ、変化を与える方法を表す。計6承母である。

承母は音韻学の四呼(開口呼、斉歯呼、合口呼、撮口呼)に巻舌音を2つ加えた、言わば六呼である。ピンインの介母(i、u、ü)と巻舌接近音(r、ru)を含む。

承母表
 平唇円唇
低舌- w
高舌y yw
巻舌r rw

承母は、3種類の舌母(ぜつぼ)と2種類の唇母(しんぼ)の組み合わせで分類できる。舌母は前舌の位置である。

  • 低舌(ていぜつ/ひくじた):前舌を下顎に付ける音。
  • 高舌(こうぜつ/たかじた):前舌面を硬口蓋に近付ける音。
  • 巻舌(けんぜつ/まきじた):舌端裏を後部歯茎音に近付ける音。

唇母は唇の形である。

  • 平唇(へいしん):唇の全体を開ける音。
  • 円唇(えんしん):唇の中央付近のみを開ける音。
承母の音価
 音韻特徴発音音声特徴
舌位唇形舌の形唇の形
- 低舌平唇   
w円唇$$w$$円唇化
y 高舌平唇$$j$$硬口蓋化 
yw円唇$$\jw$$$$4$$円唇化
r 巻舌平唇$$\:R$$巻舌化 
rw円唇$$\rw$$円唇化

低舌平唇はゼロ承母である。低舌は前舌の力を抜いたゼロ舌母、平唇は唇の力を抜いたゼロ唇母に当たる。したがって、低舌平唇は起母本来の音である。

低舌円唇 w は円唇化に相当する。円唇化は唇中央付近のみを僅かに開ける形である*2。例えば、歯茎破擦音 z($$\z$$)が円唇化した場合は zw($$\zw$$)となる。中国語の zw($$\zw$$)と英語の類似音の zoo($$zu:$$)の比較で分るように、z と zw は異なる子音である。zw は大阪大学の音声つき中国語学習音節表 の「zu」、zoo は weblio 和英辞典の"zoo"から確認できる。中国語では単一の音が続くのに対し、英語では平唇の$$z$$から円唇の$$u$$に移り変わるのが聞き取れる。

高舌平唇 y は硬口蓋化を指定する。舌の位置に注目した場合、高舌化とも言える。日本語の拗音に対応する。硬口蓋化は前舌を硬口蓋に接近させた副次調音である。歯茎摩擦音 z($$\z$$)が硬口蓋化した場合は、歯茎硬口蓋破擦音 zy($$\zj$$$$\zJ$$)になる。音声学では、専用の二重調音記号を与えるほど z とは異なった音として扱われる。経緯*3は異なるが、ピンインでも j が割り当てられ、z とは全く別の声母として扱われる。

巻舌平唇 r は巻舌化を指定する。例えば、z($$\z$$)を巻舌化すると zr($$\zr$$$$\zR$$)となる。音声学では、調音部位が異なるとして専用記号が与えられている。ピンインでは、zh が割り当てられ、z とは全く別の声母として扱われる。しかし、y と w と同じく接近音であること、y と排他的であること、単独で音節を作ることから一括りにした*4

この他、高舌円唇 yw巻舌円唇 rw はそれぞれ硬口蓋化と円唇化、巻舌化と円唇化の同時指定である。z($$\z$$)に対応する音は、それぞれ zyw($$\zjw$$$$\z\^4$$)と zrw($$\zrw$$$$\zRw$$)になる。

*2 いわゆるタコの口になる必要はない。
*3 歴史的発音の変化。例えば、ピンインの j は zi と gi の両方を兼ねた折衷案である。
*4 音節構造から承母独特の解釈までを承母理論として纏める予定。

転母(てんぼ)

転母は狭めてた口を一転して開ける方法を表す。ゼロ転母の不転(ふてん)小転(しょうてん)大転(だいてん)の計3転母である。

転母は音韻学の韻腹に対応する。また、e、a はの順に等韻図の内転と外転とも対応する*5

転母表
不転-
小転e
大転a
転母の音価
 音韻特徴音価音声特徴
-不転$$j$$$$4$$$$w$$$$\*r$$$$\:R$$$$V$$起母と介母の音を保つ
e小転$$e$$$$\oe$$$$o$$$$@$$$$7$$$$E$$顎を小さく開ける
a大転$$E$$$$a$$$$A$$顎を大きく開ける

不転は、ゼロ転母である。口を開けず、起母と承母をそのまま伸ばした音を表す。伸ばす過程では、力を少し緩めるため、音価は前の起母や転母に対応した接近音となる。ただ、中国語では摩擦音と接近音の対立が無いため、摩擦音で発音される場合もある。

小転 e は大転と弁別できる程度に顎を小さく開ける音である。低舌の場合は顎を閉じたままでも許容される。また、前後の音に応じて不転と区別しない場合もある。

大転 a は小転と弁別できる程度に顎を大きく開ける音である。顎の開き具合は絶対なものではなく、個人差・地域差が大きい。飽くまでも弁別できる程度の相対的なものである。

転母は前後の音素に影響される性質上、多くの音価を持つ。その上、音節によっては小転の$$7$$が落ちて不転になったり、同じ音価$$E$$が小転と大転の両方に現れたりと、分類が難しい。このため、転母の分類に関しては専門家の間でも統一しないのが現状である。音節構造と合わせて様々な分類法が提案されているが、凌宮音韻は規則性を強めた分類法に属する*6

*5 同じ「転」と呼んでいるのは偶然かどうかは調べてない。
*6 音節構造から転母独特の解釈まで転母理論として纏める予定。

結母(けつぼ)

結母は、音節の終わり方を表す。6結母である。

歴史的音韻変化で消えた両唇鼻音の m や破裂音 p、d、k も存在していれば結母に入る。また、児音化も5結母と組み合わせた音として結母に分類されることになる。しかし、児音化の規則は複雑で、新しく、現在も進化途中であるため、理論が纏まるまで結母に加えないことにした。

一方で、児音と関係なく、ピンインでは「er」と表記される特殊な巻舌母音が存在する。将来結母に分類予定の児音化で「i」や「n」と排他的であることから、暫定で前方の鼻音として分類する。

また、「u」は唇を使うために「前方」よりも前方ではあるが、二重調音で、同時に後舌と軟口蓋でも接近する準後舌母音である。既に消滅した「m」と「p」は「u」と共に唇を使う結母であったら、今は「u」しか残ってないため、唇の行は省略する。

結母表
 口音鼻音児音
開放-  
前方inr
後方ung 
結母の音価
 音韻特徴音価音声特徴
前後鼻音鼻腔開放閉鎖
-開放口音 転母までの音を維持
i前方口音$$I$$ 硬口蓋接近
n鼻音$$n$$鼻腔開放歯茎閉鎖
r児音$$\:R$$ 硬口蓋接近・巻舌
u後方口音$$U$$ 軟口蓋接近と円唇化
ng鼻音$$N$$鼻腔開放軟口蓋閉鎖

声調

声調は、音の高さを表す。5声調である。

一番低い音を1、一番高い音を5とする5度式で説明される場合が多く、その場合の調値は 55、35、214、51 で表現される。絶対の高さは地域差、個人差が大きいが、意味の弁別に用いられる声調が5つあることが変わらない。

軽声は固有の調値ではなく、直前の声調に応じて変化する。また、文脈アクセントを兼ねているため、規則が複雑である。軽声に関しては、別に纏める予定。

声調の音価
 音韻特徴発音音声特徴
1陰平高→高、高い$$\tone{555}$$5-5
2陽平低→高、上り$$\tone{345}$$3-5
3上声低→低、低い$$\tone{214}$$214
4去声高→低、下り$$\tone{531}$$5-1
5軽声短調(軽声は纏まり次第、追加する予定)

まとめ・つなぎ

音節表

リロード   新規 編集 解凍 差分 添付 複製 改名   音韻 一覧 検索 最新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013.0227 (水) 0132.5400 (1553d)