凌宮音韻 ── 学ぶための音韻学 EditToHeaderToFooter

言語を学ぶものには、音の壁が大きい。
人間は様々な音を出せるが、話すのに使う音は言語毎に異なる。
言語を学ぶのことは、長年馴染んだ音を入れ替える大変な作業である。

特に中国語と日本語では漢字を使っていて、文字から音が見えない。
また、日本語は表音文字として仮名を使っているものの、
音節文字でありながら、音韻規則が音節より細かい単位で成り立っているため、文法の細部まで覗くのは難しい。
音素文字として、中国語にはピンイン、日本語にはローマ字があるものの、諸事情*1により不規則で学び難い。

一応、言語の音を扱う学問には音韻論もあるが、
西洋の音韻に基づいているため、東洋の音韻を簡単に表記できるようにはなってない。

凌宮音韻では、言語学習が楽にするため、言語学習者にとって手頃な音韻システムと表記法を構築する。
当面は、中国語と日本語を扱う。

*1 書きやすさ、読みやすさ、短さ、英語発音との近さなど。

音声 EditToHeaderToFooter

音韻 EditToHeaderToFooter

LimgWiki EditToHeaderToFooter

PukiWiki を拡張したPukiWiki Plus! を、さらに拡張したLimgWiki による情報共有システム。

  • 書式 ── LimgWiki の独自拡張を含んだ書式の一覧。

※ 以下はPukiWikiのオリジナルドキュメントであるため、LimgWikiの独自拡張は含まず。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   音韻 一覧 検索 最新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016.0321 (月) 1724.0900 (429d)