1
  2
  3
  4
  5
  6
  7
  8
  9
 10
 11
 12
 13
 14
 15
 16
 17
 18
 19
 20
 21
 22
 23
 24
 25
 26
 27
 28
 29
 30
 31
 32
 33
 34
 35
 36
 37
 38
 39
 40
 41
 42
 43
 44
 45
 46
 47
 48
 49
 50
 51
 52
 53
 54
 55
 56
 57
/凌宮音韻 (LimgPhon)
%indent
////////////////////////////////////////////////////////////////
* 凌宮音韻 ── 学ぶための音韻学 [#iff5def2]
 
;,言語を学ぶものには、音の壁が大きい。
;,人間は様々な音を出せるが、話すのに使う音は言語毎に異なる。
;,言語を学ぶのことは、長年馴染んだ音を入れ替える大変な作業である。
 
;,特に中国語と日本語では漢字を使っていて、文字から音が見えない。
;,また、日本語は表音文字として仮名を使っているものの、
;,音節文字でありながら、音韻規則が音節より細かい単位で成り立っているため、文法の細部まで覗くのは難しい。
;,音素文字として、中国語にはピンイン、日本語にはローマ字があるものの、諸事情((書きやすさ、読みやすさ、短さ、英語発音との近さなど。))により不規則で学び難い。
 
;,一応、言語の音を扱う学問には音韻論もあるが、
;,西洋の音韻に基づいているため、東洋の音韻を簡単に表記できるようにはなってない。
 
;,凌宮音韻では、言語学習が楽にするため、言語学習者にとって手頃な音韻システムと表記法を構築する。
;,当面は、中国語と日本語を扱う。
 
%bodynote
 
////////////////////////////////////////////////////////////////
* 音声 [#he4096dd]
 
- [[国際音声記号(IPA)>IPA]]
- [[音声学]]
 
////////////////////////////////////////////////////////////////
* 音韻 [#i9e1eb52]
 
- [[中国音韻]]
- [[日本音韻]]
 
////////////////////////////////////////////////////////////////
* LimgWiki [#b37304f3]
 
  [[PukiWiki>http://pukiwiki.sourceforge.jp/]] を拡張した 
  [[PukiWiki Plus!>http://pukiwiki.cafelounge.net/plus/]] を、さらに拡張した 
  [[LimgWiki>http://limg.sakura.ne.jp/LimgWiki/]] による情報共有システム。
 
- [[書式>http://limg.sakura.ne.jp/LimgWiki/index.php?%BD%F1%BC%B0]] ── LimgWiki の独自拡張を含んだ書式の一覧。
-- [[言語特化コマンド]] ── 音声記号プラグイン(ph)で使える短縮コマンド
 
※ 以下はPukiWikiのオリジナルドキュメントであるため、LimgWikiの独自拡張は含まず。
- [[ヘルプ>Help]] -- PukiWikiで編集するには?
- [[テキスト整形のルール(詳細版)>FormattingRules]]
- [[プラグインマニュアル>PukiWiki/1.4/Manual/Plugin]]
 
//** 練習ページ
//- [[砂箱>SandBox]] -- 編集をお試しください
//- [[足跡>コメント]] -- 一言どうぞ
//- [[InterWikiSandBox]] -- [[InterWiki]]を試してみてください
 
//** リンク
//- [[PukiWiki 本家>http://pukiwiki.sourceforge.jp/]]
//- [[PukiWiki Plus! 本家>http://pukiwiki.sourceforge.jp/?PukiWiki]]
    音韻 一覧 検索 最新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS