LEAP motion

使った感想

  • 感度は良い、精度もそこそこ
  • 絶対ポインティングはムリ ── 何日経てば慣れるかも分からん
  • 相対ポインティングはアリ ── 二日遊べば慣れるかと思ったり
    • ただ、腕が疲れるから操作法を分類して、解析する必要があるそう

LEAPの操作法の分類(適当に分類、勝手に命名)

用語説明

  • X軸、Leap Motion の USB を挿す方向、標準配置では左右方向で、右向きを正扱い
  • Y軸、Leap Motion の 赤外線の出る方向、標準配置では上下方向で、上向きを正扱い
  • Z軸、Leap Motion の 電源 LED の光る方向、標準配置では前後方向で、手前向きを正扱い

仮想鉛直面

  • 機構:XY平面を仮想平面とし、Z+を浮き、Z−を押すと見なす
  • 機能:2次元座標と2値の制御状態を取得可能
  • 種別:絶対ポインティング
  • 難点: 腕疲れる、直線で押すのが困難

アイディア

絶対ポインティング系

  • 肘を机に置かせて、肘原典の球面座標系に限定した方が習得する敷居が低い

履歴

リロード   新規 編集 解凍 差分 添付 複製 改名   技術 一覧 検索 最新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013.0822 (木) 0315.0500 (1578d)