C表組み「,〜,〜,〜 EditToHeaderToFooter

セルを半角コンマ「,」で区切る表組み。カンマ表組み、Comma-Separated Table(CST)とも。

==」より左連結を記述可能。また、横方向の揃え方は、データと「,」間の空白の有無で設定できる。

  • 左なし、右あり: 左揃え
  • 左あり、右あり: 中央揃え
  • 左あり、右なし: 右揃え
  1
  2
  3
  4
," Table,Title  ", ==     ,     ==,      ==
,mmmmmmm         ,mmmmmmmm,     ==,      ==
,"no ""rowspan""", mmmmmm , mmmmmm,  mmmmmm
,left            , center ,  right," right"
Table,Title
mmmmmmmmmmmmmmm
no "rowspan"mmmmmmmmmmmmmmmmmm
leftcenterrightright

P表組み「|〜|〜|〜| EditToHeaderToFooter

セルを半角パイプ「|」で区切る。パイプ表組み、Pipe-Separated Table(PST)とも。C表組みよりも機能が多く、LimgWikiでの標準表組み構文である。

セルの先頭に「*」を付けると、表頭になる。

  1
  2
  3
|*1|*2|*3|
|*4| 5| 6|
|*7| 8| 9|
123
456
789

行連結 EditToHeaderToFooter

行末に「*」を付けると、次の行と連結する。長い行を複数の行に分割して記述するのに便利。

  1
  2
  3
|a|b|c|*
|d|e|f|
|A|B|C|D|E|F|
abcdef
ABCDEF

セル結合 EditToHeaderToFooter

行末に「+」や「-」を付けると、次の行と列ごとにセル結合する。両者の違いは、「+」はデータ間に改行を挿入するが、「-」は何も挿入しない。

  1
  2
  3
|1|2|3|
|4|5|6|+
|7|8|9|
123
4
7
5
8
6
9
  1
  2
  3
|1|2|3|
|4|5|6|-
|7|8|9|
123
475869

^」、「<」、「>」で始まるセルは、それぞれ上結合、左結合、右結合になる。

  1
  2
  3
|1|>|3|a|b|c|d|
|4|5|<|e|<|g|<|
|^|8|9|^|<|^|^|
13abcd
45eg
89

修飾 EditToHeaderToFooter

セルの先頭に「〜:」の形の修飾子を付けることで、揃え方や色を指定できる。

揃え EditToHeaderToFooter

左揃え
中央揃え(デフォルト)
右揃え
l:
c:
r:
  1
  2
|  LLLLLL|  CCCCCC|  RRRRRR|
|l:LL    |c:CC    |r:RR    |
LLLLLLCCCCCCRRRRRR
LLCCRR

EditToHeaderToFooter

前景色指定#GRB:fg#RGB:fg(#RGB):fg(color):
後景色指定 bg#RGB:bg(#RGB):bg(color):
  1
  2
|#60F:#60F|fg#C00:#C00|fg(#090):#090|fg(     blue):     blue|
|         |bg#FCC:#FCC|bg(#DFD):#DFD|bg(lightblue):lightblue|
#60F#C00#090blue
 #FCC#CFClightblue

罫線 EditToHeaderToFooter

罫線は、線種、太さ、色を指定できる。指定は対象セルの上または右に対して効果を発揮する。書式は、「方向」「線種」「太さ」「色」を順番通りに綴れば良く、方向以外は省略可能。

方向

  • t:上罫線
  • l:左罫線
──────
──── l=:
──t=:t+:l+:

線種

  • x:無し
  • =:二重
  • +:太線
  • .:点線
  • *:実線
  • -:破線
─ ─ ─ ─ lx:─ l=:─ l+:─ l.:─ l*:─ l-:─
─ ─ ─ ─ lx:─ l=:─ l+:─ l.:─ l*:─ l-:─
─ lx:─ lx:lx:tx:l=:tx:l+:tx:l.:tx:l*:tx:l-:tx:
─ l=:─ l=:lx:t=:l=:t=:l+:t=:l.:t=:l*:t=:l-:t=:
─ l+:─ l+:lx:t+:l=:t+:l+:t+:l.:t+:l*:t+:l-:t+:
─ l.:─ l.:lx:t.:l=:t.:l+:t.:l.:t.:l*:t.:l-:t.:
─ l*:─ l*:lx:t*:l=:t*:l+:t*:l.:t*:l*:t*:l-:t*:
─ l-:─ l-:lx:t-:l=:t-:l+:t-:l.:t-:l*:t-:l-:t-:

太さ

  • 数値+単位(px; ex, em; mm, cm; pt, pc, in)
  • 下表青字は各線種での省略値
    • 線種指定の時点で省略値が指定され、太さを指定する場合に上書きする扱い。
  • 薄青背景の*1pxは枠線のデフォルト値
      
tx: t=: t+: t.: t*: t-:
tx0px:t=0px:t+0px:t.0px:t*0px:t-0px:
tx1px:t=1px:t+1px:t.1px:t*1px:t-1px:
tx2px:t=2px:t+2px:t.2px:t*2px:t-2px:
tx3px:t=3px:t+3px:t.3px:t*3px:t-3px:
tx4px:t=4px:t+4px:t.4px:t*4px:t-4px:
tx5px:t=5px:t+5px:t.5px:t*5px:t-5px:
tx1ex:t=1ex:t+1ex:t.1ex:t*1ex:t-1ex:

──l+#00F:l+(green):

行修飾・列修飾・表修飾 EditToHeaderToFooter

行末で修飾すると、その修飾は同じ行の各セルに適応される。

行末に「c」を付けると、その行は修飾行となり、修飾行の修飾は、指定した行以降の同一列の各セルに適応される。

修飾行の行末で修飾すると、その修飾は表全体に適応される。

指定の優先順位は、狭い方が優先され、枡指定:___P、行指定:__RX、列指定:_CXX、表指定:TXXXの順となる。

XCRPXXRPXCRPXXRP
XCXPXXXPXCXPXXXP
XCRPXXRPXCRXXXRX
XCXPXXXPXCXXXXXX
TCRPTXRPTCRPTXRP
TCXPTXXPTCXXTXXX
  1
  2
  3
  4
  5
  6
  7
  8
|#C00:    |         |#C00:    |         |c
|#090:XCRP|#090:XXRP|#090:XCRP|#090:XXRP|#00C:
|#090:XCXP|#090:XXXP|#090:XCXP|#090:XXXP|
|#090:XCRP|#090:XXRP|     XCRX|     XXRX|#00C:
|#090:XCXP|#090:XXXP|     XCXX|     XXXX|
|#C00:    |         |#C00:    |         |#66F:c
|#090:TCRP|#090:TXRP|#090:TCRP|#090:TXRP|
|#090:TCXP|#090:TXXP|     TCXX|     TXXX|
リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   初基 一覧 検索 最新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013.0625 (火) 2253.4700 (1463d)